自分専用のクローゼットがほしい

物置部屋にしていた部屋のクローゼットには仕事の書類やこまごまとした雑貨を詰め込んでいました。
夫と兼用の寝室のクローゼットではなく、お気に入りだけを収めた自分専用のクローゼットがほしいというご希望です。

クローゼットbeforeクローゼットafter

【ポイント】

ご主人様と兼用のクローゼットだと自分の衣類以外が目に入り、コーディネートするのが楽しく感じられません。
ご主人様が片付けが苦手だと、楽しいどころかイライラしてしまうこともあります。

お気に入りの衣類だけを選び、ご自分専用のクローゼットに収めます。
バッグ・アウター・トップス・ボトムスを分けて収め、扉の横に姿見を配置することで、コーディネートがしやすくなります。
手持ちのアイテムを把握しておくと、次の買い物も効率よくでき、毎日のコーディネートがより楽しく時短できるようになります。

お問い合わせボタン

予約カレンダー

ページ上部へ戻る